/ / Excelでランニング合計(累積合計)

Excelでランニング合計(累積合計)

この例では、 ランニングトータル (累積合計)in Excel。新しいデータがリストに追加されるたびに、実行中の合計が変更されます。

1.セルB9を選択し、単純なSUM関数を入力します。

ExcelでのSum関数

2.セルC2を選択し、以下に示すSUM関数を入力します。

合計式を実行中

説明:範囲参照内の最初のセル(B $ 2)は混在参照です。我々 一定 行への参照 2 行番号の前に$記号を追加します。範囲参照の第2セル(B2)は、通常の相対参照です。

3.セルC2を選択し、セルC2の右下隅をクリックし、セルC7にドラッグします。

Excelで合計を作成する

説明:数式を下にドラッグすると、混合参照(B $ 2)は同じままで、相対参照(B2)はB3、B4、B5などに変わります

4.たとえば、セルC3の数式を見てみましょう。

混合基準

5.たとえば、セルC4の数式を見てみましょう。

合計チェックの実行

6.ステップ2で、下記のIF機能を入力し(セルC7にドラッグ)、データが入力された場合にのみ累積合計を表示します。

累積合計

説明:セルB2が空でない場合(<> セルC2のIF関数は累積合計を表示し、それ以外の場合は空の文字列を表示します。

7. 4月に売上を入力します。

4月の販売

また読む: