/ / Excelの減価償却

Excelでの減価償却

SLN | SYD | DB | DDB | VDB

Excel 5つの異なる 減価償却機能。私たちは、初期費用が$ 10,000、救済価値(残存価値)$ 1000、有効期間は10期間(年)です。以下に5つの機能すべての結果があります。各機能については、次の5つの段落で別々に説明します。

Excelでの減価償却の結果

ほとんどの資産は、耐用年数の開始時により多くの価値を失います。 SYD、DB、DDBおよびVDB関数にはこのプロパティがあります。

減価償却表

SLN

SLN(ストレートライン)機能は簡単です。毎年 償却価値 同じです。

SLN(ストレートライン)機能

SLN機能は、以下を実行する計算。非推奨値=(10,000 - 1,000)/ 10 = 900.00。この値を10回減算すると、資産は10年間で10,000から1000に減価償却されます(最初の画像、下半分を参照)。

SYD

SYD(Sum of Years Digits)関数も簡単です。以下に示すように、この関数にはピリオド番号も必要です。

SYD(年の合計

SYD関数は、以下を実行します計算。 10年の耐用年数は、10 + 9 + 8 + 7 + 6 + 5 + 4 + 3 + 2 + 1 = 55という年の合計になります。資産の価値は9000を失います。減価償却値期間1 = 10/55 * 9000 = 1,636.36。減価償却額期間2 = 9/55 * 9000 = 1,472,73などこれらの値を減算すると、資産は10年間で10,000から1000に減価償却されます(最初の画像、下半分を参照)。

DB

DB(Declining Balance)機能はもう少し複雑です。減価償却額の計算には固定金利が使用されます。

DB(デリ積残高)機能

DB機能は、以下を実行する計算。固定レート= 1 - ((サルベージ/コスト)^(1 /ライフ))= 1 - (1000 / 10,000)^(1/10)= 1 - 0.7943282347 = 0.206(小数点第3位を四捨五入)。償却価値期間1 = 10,000 * 0.206 = 2,060.00。減価償却期間2 =(10,000 - 2,060.00)* 0.206 = 1635.64などこれらの値を引いた場合、資産は10年で10,000から995.88に減価償却されます(最初の画像、下半分参照)。

注意: DB関数には5番目のオプション引数があります。この引数を使用して、最初の年に行く月数を指定することができます(省略された場合は12と仮定されます)。たとえば、第1四半期の初めに資産を購入した場合(最初の年に入るまでに9ヶ月)、この引数を9に設定します。 Excelでは、最初と最後の期間の非推奨値を計算するために、わずかに異なる式が使用されます(最後の期間はわずか11ヶ月で3ヶ月です)。

DDB

DDB(Double Declining Balance)機能はもう一度簡単です。ただし、この関数を使用するときには、サルベージ値に達しないことがあります。

DDB(Double Declining Balance)機能

DDB機能は以下を実行します計算。耐用年数が10年の場合、1/10 = 0.1の割合になります。この関数はDouble Declining Balanceと呼ばれるので、この倍率(倍率= 2)を倍にします。減価償却値期間1 = 10,000 * 0.2 = 2,000.00。減価償却値の期間2 =(10,000 - 2,000.00)* 0.2 = 1600.00などこのように、減価償却額を差し引くと、資産は減価償却されます10年で10,000から1073.74になります(最初の写真、下半分を参照してください)。

注:DDB関数には5番目のオプション引数があります。この引数を使用すると、別の要因を使用できます。

VDB

VDB(Variable Declaring Balance)関数は、デフォルトでDDB(Double Declining Balance)メソッドを使用します。第4引数は開始期間を示し、第5引数は終了期間を示します。

VDB(Variable Declaring Balance)機能

VDB関数は同じ計算を実行しますDDB機能として使用します。ただし、ストレートラインの計算(黄色の値)に切り替えて、サルベージ値に達することを確認します(最初の画像、下半分を参照)。減価償却値、ストレートラインが減価償却値DDBよりも高い場合は、ストレートライン計算に切り替わります。期間8では、減価償却価額、DDB = 419.43。減価償却するにはまだ2097.15 - 1000(最初の画像、下半分を参照)があります。ストレートライン法を使用すると、減価償却残価は1097.15 / 3 = 365.72となります。減価償却値、ストレートラインは高くないので、私たちは切り換えません。期間9では、減価償却値、DDB = 335.54。減価償却するにはまだ1677.72 - 1000(最初の画像、下半分を参照)があります。ストレートライン法を使用すると、677.72 / 2 = 338.86の残りの2つの減価償却価額が得られます。減価償却値、ストレートラインが高いので、ストレートラインの計算に切り替わります。

注意: VDB機能はDDB機能よりもはるかに汎用性があります。複数の期間の減価償却価額を計算することができます。この例では、= VDB(Cost、Salvage、Life、0,3)は2000 + 1600 + 1280 = 4880に減少します。これには6番目と7番目のオプション引数が含まれています。 6番目の引数を使用すると、別の要素を使用できます。 7番目の引数をTRUEに設定すると、ストレートラインの計算に切り替わらない(DDBと同じ)。

また読む: