/ Excelでの/ AGGREGATE関数

Excelでの集計関数

Excel 範囲にエラーがある場合は、SUM、COUNT、LARGE、MAXなどの関数は機能しませんが、 集約関数 これを修正する。

1.たとえば、SUM関数を使用してエラーのある範囲を合計すると、Excelはエラーを返します。

集計関数を使用しない場合

2.エラーを含む範囲を合計するには、AGGREGATEファンクションを使用します。

Excelでの集計関数

説明:最初の引数(9)は、SUM関数を使用することをExcelに指示します。 2番目の引数(6)は、エラー値を無視することをExcelに指示します。

3.どの引数がどの関数に属しているのかを覚えておくのは簡単ではありませんが、Excelのオートコンプリート機能が役立ちます。

オートコンプリート機能

4.以下のAGGREGATE関数は、エラーのある範囲で2番目に大きい番号を見つけます。

集計および大規模関数

説明: 最初の引数(14)は、LARGE関数を使用することをExcelに指示します。 2番目の引数(6)は、エラー値を無視することをExcelに指示します。 4番目の引数(2)は、2番目に大きい番号を検索することをExcelに指示します。

5.以下のAGGREGATE関数は、エラー値と隠れた行を無視して最大値を見つけます。

エラー値と非表示の行を無視する

説明: 最初の引数(4)は、MAX関数を使用することをExcelに指示します。 2番目の引数(7)は、エラー値と隠れた行を無視することをExcelに指示します。この例では、行2は非表示になっています。

また読む: