/ / Excelでエラーのある範囲を合計する

Excelでエラーのある範囲を合計する

この例では、次の配列式を作成する方法を示します。 合計 a エラーのある範囲。また、AGGREGATE関数を使用して、エラーのある範囲を合計することもできます。

1. IFERROR関数を使用してエラーをチェックします。

IfError関数

説明:IFERROR関数は、エラーが検出された場合は0を戻します。そうでなければ、セルの値を返します。

2.範囲を誤差で合計する(圧倒されない)ために、SUM関数を追加し、A1をA1:A7に置き換えます。

配列式

3. CTRL + SHIFT + ENTERを押して終了します。

Excelでエラーのある範囲の合計

注:数式バーは、これが中括弧{}で囲んで配列式であることを示します。これらを自分で入力しないでください。それらは数式を編集すると消えます。

解説:IFERROR関数で作成された範囲(配列定数)は、 Excelの メモリ、範囲ではありません。配列定数は次のようになります。

{0; 5; 4; 0; 0; 1; 3}

この配列定数はSUM関数の引数として使用され、結果は13になります。

また読む: