/ / Excelで重複を見つける

Excelで重複を見つける

この例では、 重複を見つける (または三重) Excel。重複を削除するにはここに移動してください。

1.範囲A1:C10を選択します。

Excelで重複を見つける

2. [ホーム]タブの[スタイル]グループで、[条件付き書式設定]をクリックします。

条件付き書式をクリック

3.ハイライトセルのルール、重複値をクリックします。

ハイライトセルルール、重複値をクリックします。

4.書式スタイルを選択し、「OK」をクリックします。

書式設定スタイルを選択する

結果。重複する名前が強調表示されます。

重複

注:一意の名前を強調表示するには、最初のドロップダウンリストから[一意]を選択します。

ご覧のように、Excelは重複(Juliet、Delta)、重複(Sierra)、四重複(もしあれば)などを強調表示します。以下の手順を実行して、重複のみを強調表示します。

5.まず、以前の条件付き書式設定ルールをクリアします。

6.範囲A1:C10を選択します。

7. [ホーム]タブの[スタイル]グループで、[条件付き書式設定]をクリックします。

条件付き書式をクリック

8. [新規ルール]をクリックします。

新しいルール

9.「式を使用してフォーマットするセルを決定する」を選択します。

10.式= COUNTIF($ A $ 1:$ C $ 10、A1)= 3を入力します。

11.書式スタイルを選択し、「OK」をクリックします。

新しい書式設定規則

結果。 Excelは3重の名前を強調表示します。

三つ組

説明:= COUNTIF($ A $ 1:$ C $ 10、A1)は、セルA1の名前と等しいA1:C10の範囲内の名前の数を数えます。 COUNTIF($ A $ 1:$ C $ 10、A1)= 3の場合、Excelはセルを書式設定します。条件付き書式設定をクリックする前に範囲A1:C10を選択したため、Excelは自動的に数式を他のセルにコピーします。したがって、セルA2には式= COUNTIF($ A $ 1:$ C $ 10、A2)= 3、セルA3 = COUNTIF($ A $ 1:$ C $ 10、A3)= 3などが含まれます。絶対参照($ A $ 1:$ C $ 10)を参照してください。

注:好きな数式を使用できます。たとえば、この式を= COUNTIF($ A $ 1:$ C $ 10、A1)> 3を使用して3回以上出現する名前を強調表示します。

また読む: