/ Excel VBAで相対参照を使用する

Excel VBAで相対参照を使用する

デフォルトでは、 Excelマクロを記録する 絶対モードで。しかし、時には、マクロを 相対モード。このプログラムは、これを行う方法を教えてくれます。マクロの記録方法がわからない場合は、まずこの例を読むことを強くお勧めします。

絶対モードでの記録

絶対モードでマクロを記録するには、以下の手順を実行します。

1. 最初、[マクロの記録]をクリックします。

2.次に、セルB3を選択します。 Salesと入力し、Enterキーを押します。

3. Productionと入力し、Enterキーを押します。

4. Logisticsと入力し、Enterキーを押します。

結果:

絶対モードでの記録

5. [録画を停止]をクリックします。

6.空の範囲( "B3:B5")。

7.シート上の任意のセルを選択し、記録されたマクロを実行します。

結果:

絶対モードでの記録結果

アブソリュートモードで記録されたマクロは、常に同じ結果を生成します。

相対モードでの記録

解決策:マクロを相対モードで記録してください。

1.「相対参照の使用」を選択します。

相対参照を使用する

2.まず、任意の単一のセル(たとえば、セルB8)を選択します。

3.次に、[マクロの記録]をクリックします。

4. Salesと入力し、Enterキーを押します。

5. Productionと入力し、Enterキーを押します。

6. Logisticsと入力し、Enterキーを押します。

結果:

相対モードでの記録

7. [録画を停止]をクリックします。

8.その他のセル(たとえばセルD4)を選択し、記録されたマクロを実行します。

結果:

相対モードでの記録結果

Excelは、最初に選択したセルに相対的な単語を配置します。これが、相対的なモードで録音を呼び出す理由です。

また読む: