/ / Excel VBA閉じるおよび開くメソッド

Excel VBAのCloseおよびOpenメソッド

閉じる そして OpenメソッドExcel VBA ワークブックを閉じて開くときに使用できます。 Workbooksコレクションには、現在開いているすべてのワークブックオブジェクトが含まれています。

ワークシートにコマンドボタンを配置し、次のコード行を追加します。

1.以下のコード行はclose-open-workbooks.xlsを閉じます。

Workbooks("close-open-workbooks.xls").Close

2.下のコード行は、最初に開いて作成したブックを閉じます。

Workbooks(1).Close

3.下のコード行は、アクティブなブックを閉じます。

ActiveWorkbook.Close

4.下のコード行は、現在開いているすべてのワークブックを閉じます。

Workbooks.Close

5.下のコード行はsales.xlsを開きます。

Workbooks.Open ("sales.xls")

注:デフォルトのファイルの場所に格納されている場合は、ファイルのパスを指定せずにsales.xlsを開くことしかできません。デフォルトのファイルの場所は、ファイルを開いたり保存したりするときに表示されるフォルダです。

6. ApplicationオブジェクトのGetOpenFilenameメソッドを使用して、標準の[開く]ダイアログボックスを表示し、ファイルを選択することもできます(実際にファイルを開くことなく)。

Dim MyFile As String
MyFile = Application.GetOpenFilename()

結果:

GetOpenFilenameメソッド

7.次に、いつものようにワークブックを開くことができます。

Workbooks.Open (MyFile)
また読む: