/ / Excelマクロレコーダー

Excelマクロレコーダー

マクロを記録する | 記録されたマクロを実行する | マクロを参照してください

マクロレコーダー、非常に便利なツールが含まれています Excel VBAExcelで実行するすべてのタスクを記録します。 あなたがしなければならないのは、特定の仕事を一度記録することだけです。次に、ボタンをクリックしてタスクを何度も実行することができます。マクロレコーダーは、Excel VBAで特定のタスクをプログラムする方法がわからない場合にも大きな助けになります。タスクの記録後にVisual Basic Editorを開いて、プログラミング方法を確認してください。

残念ながら、あなたにはたくさんのことがありますマクロレコーダーではできません。たとえば、マクロレコーダーでは、ある範囲のデータをループすることはできません。さらに、マクロレコーダーは、必要以上に多くのコードを使用するため、プロセスが遅くなる可能性があります。

マクロを記録する

1.開発者タブで、レコードマクロをクリックします。

レコードマクロ

2.名前を入力します。

3.ドロップダウンリストからThis Workbookを選択します。結果として、マクロは現在のブックでのみ使用できます。

このワークブックを選択

注意: マクロを個人用マクロブックに格納すると、マクロはすべてのブック(Excelファイル)で使用できるようになります。これは、Excelが起動すると自動的に開く非表示のブックにExcelがマクロを保存するために可能です。新しいブックにマクロを格納する場合、マクロは、自動的に新しいブックを開くとのみ使用できます。

4. [OK]をクリックします。

5.アクティブなセル(選択したセル)を右クリックします。他のセルを選択しないでください!次に、「セルの書式設定」をクリックします。

セルをフォーマットする

6.パーセンテージを選択します。

パーセンテージを選択

7. [OK]をクリックします。

8.最後に、「録画を停止」をクリックします。

録音を停止する

おめでとう。マクロレコーダーでマクロを記録しただけです!

記録されたマクロを実行する

今度は、数値フォーマットをPercentageに変更できるかどうかを確認するためにマクロをテストします。

1. 0と1の間の数字を入力します。

2.番号を選択します。

番号を選択

3.開発者タブで、マクロをクリックします。

マクロをクリックします。

4. [実行]をクリックします。

走る

結果:

Excelマクロレコーダの結果

マクロを参照してください

マクロを表示するには、Visual Basic Editorを開きます。

Visual Basic Editor

注意: マクロはModule1というモジュールに配置されています。モジュールに配置されたコードは、ブック全体で使用できます。つまり、Sheet2またはSheet3を選択し、これらのシート上のセルの数値書式を変更することができます。シート上に配置されたコード(コマンドボタンに割り当てられたコード)は、その特定のシートに対してのみ使用可能です。

また読む: