/ / Excel VBAフォントプロパティ

Excel VBAフォントプロパティ

フォントプロパティ のRangeオブジェクトの Excel VBA 他の多くのプロパティにアクセスできます。 これは、Fontプロパティがオブジェクト自体を返すためです。 FontオブジェクトFontオブジェクトには、ColorプロパティやBoldプロパティのような多くのプロパティがあります。

カラープロパティ

Excel範囲の色を変更するには、RangeオブジェクトのFontプロパティを使用してから、FontオブジェクトのColorプロパティを使用します。

1.次のコード行を追加します。

Range("A1").Font.Color = -16776961

説明:この奇妙な番号はどこから得られますか?マクロレコーダーを起動し、セルの色を赤に変更しました。あなたはあらゆる色のためにこれにすることができます!

2.次のコード行は、まったく同じ結果を示します。

Range("A1").Font.Color = vbRed

説明:vbRedはExcel VBAの組み込み定数の一種です。 Visual Basic EditorでvbRedにカーソルを置き、F1をクリックすると、使用できる他の定数が表示されます。

3.次のコード行は、まったく同じ結果を示します。

Range("A1").Font.Color = RGB(255, 0, 0)

説明:RGBは赤、緑、青の略です。 これらは三原色です。各コンポーネントは0〜255の値をとることができます。この関数を使用すると、すべての色を作成できます。 RGB(255,0,0)は純粋な赤色を与える。

太字のプロパティ

次のコード行は範囲を太字で示しています。

Range("A1").Font.Bold = True

範囲をアンボールドするには、Falseキーワードを使用します。 Fontオブジェクトにはさらに多くのプロパティがあります。あなたがこれらの種類のものをプログラムしたいのであれば、マクロレコーダーを使ってそれを行う方法を見てください!通常、マクロレコーダーによって作成されたコードは長すぎます。たとえば、マクロレコーダーは、Range( "A1")を太字にすると次のコードを作成します。

Excel VBAのフォントと太字プロパティ

この2つのコード行を1つのコード行として記述できることがわかりました。

また読む: