/ / Excel VBAでの配列のサイズ

Excel VBAでの配列のサイズ

取得するには 配列のサイズExcel VBAUBound関数とLBound関数を使用できます。

ワークシートにコマンドボタンを配置し、次のコード行を追加します。

1.まず、配列を宣言する必要があります。私たちの配列には2つの次元があります。これは5行と2列で構成されています。 Integer型の2つの変数も宣言します。

Dim Films(1 To 5, 1 To 2) As String, x As Integer, y As Integer

配列は次のようになります。

Excel VBAでの配列のサイズ

2.次に、配列のサイズを取得します。次のコード行を追加します。

x = UBound(Films, 1) - LBound(Films, 1) + 1
y = UBound(Films, 2) - LBound(Films, 2) + 1

UBound(Films、1)は最初の次元の上限を与えます。これは5です。
LBound(Films、1)は、最初の次元の下限を1とします。

UBound(Films、2)は2番目の次元の上限を与えます。これは2です。
LBound(Films、2)は2番目の次元の下限を示します。これは1です。

その結果、xは5に等しく、yは2に等しくなります。

3. MsgBoxを使用して配列の要素数を表示します。

MsgBox "This array consists of " & x * y & " elements"

結果:

配列結果のサイズ

また読む: