/ / Excel VBAコンボボックス

Excel VBAコンボボックス

コンボボックスは、ユーザーがアイテムを選択したり、自分で選択したりできるドロップダウンリストです。作成するには コンボボックスExcel VBA次の手順を実行します。

1.開発者タブで、挿入をクリックします。

2. ActiveXコントロールグループで、コンボボックスをクリックします。

Excel VBAでコンボボックスを作成する

3.ワークシートのコンボボックスをドラッグします。

コンボボックスをドラッグする

注意: コントロールの名前を変更するには、コントロールを右クリックして([デザインモード]が選択されていることを確認してください)、[プロパティ]をクリックします。ここでは、ComboBox1をコンボボックスの名前として残します。

ワークブック公開イベントを作成します。ワークブックのオープンイベントに追加されたコードは、ワークブックを開くとExcel VBAによって実行されます。

4. Visual Basic Editorを開きます。

5.プロジェクトエクスプローラでThis Workbookをダブルクリックします。

6.左のドロップダウンリストから[ワークブック]を選択し、右のドロップダウンリストから[開く]を選択します。

Excel VBAでワークブックを開くイベント

7.コンボボックスに項目を追加するには、次のコード行をWorkbook Open Eventに追加します。

With Sheet1.ComboBox1
    .AddItem "Paris"
    .AddItem "New York"
    .AddItem "London"
End With

注意: コンボボックスが2番目のワークシートにある場合はSheet2を使用し、3番目のワークシートにコンボボックスがある場合はSheet3などを使用します。これらのコード行をWorkbook Openイベントの外側で使用する場合は、コード行。最初のコード行がコンボボックスをクリアします。あなたのコードを複数回実行すると、あなたのアイテムは何度も追加されなくなります。

ComboBox1.Clear
ComboBox1.Value = ""

8.このコンボボックスをセルにリンクするには、コンボボックスを右クリックして(デザインモードが選択されていることを確認してください)、[プロパティ]をクリックします。 D2をLinkedCellに入力します。

LinkedCell

注:ListFillRangeプロパティを参照して、コンボボックスにセルの範囲を入力します。

9. Excelファイルを保存して閉じ、再度開きます。

結果:

コンボボックス

場合によっては、ワークシート上にコンボボックスを直接配置すると便利な場合もありますが、コンボボックスは、ユーザーフォームに配置すると特に便利です。

また読む: