/ / Excelの動的名前付き範囲

Excelでの動的名前付き範囲

A 動的名前付き範囲 範囲に値を追加すると自動的に展開されます。

1.たとえば、範囲A1:A4を選択して価格と名付けます。

2.合計を計算します。

動的な名前付き範囲の例

3.範囲に値を追加すると、 Excel 合計を更新しません。

間違った和

範囲に値を追加するときに名前付き範囲を自動的に展開するには、次の手順を実行します。

4. [式]タブの[定義済みの名前]グループで、[名前の管理]をクリックします。

名前マネージャーをクリックします

5. [編集]をクリックします。

編集をクリックします

6.「参照先」ボックスをクリックし、数式= OFFSET($ A $ 1,0,0、COUNTA($ A:$ A)、1)を入力します。

名前の編集

説明: OFFSET関数は5つの引数をとります。 COUNTA($ A:$ A)は、列Aの値の数を数えます。空ではありません。範囲に値を追加すると、COUNTA($ A:$ A)が増加します。その結果、OFFSET関数によって返される範囲が拡大されます。

7. [OK]をクリックして、[閉じる]

8.今度は、範囲に値を追加すると、Excelは合計を自動的に更新します。

正しい合計

Excelでの動的名前付き範囲

また読む: