/ Excel式の名前/名前

Excelの式の名前

名前付き範囲 | 名前付き定数 | 名前管理者

作成する 名前付き範囲 または 名前付き定数 あなたの数式でこれらの名前を使用してください。これにより、数式を理解しやすくすることができます。

名前付き範囲

名前付き範囲を作成するには、以下の手順を実行します。

1.範囲A1:A4を選択します。

選択範囲

2. [式]タブの[定義済みの名前]グループで、[次へ]をクリックします。 名前を定義する.

定義名をクリックします。

3.名前を入力し、[OK]をクリックします。

新しい指定範囲

これを行うもっと速い方法があります。

4.範囲を選択し、名前ボックスに名前を入力してEnterを押します。

すばやく名前を定義する

5.ここで、この名前付き範囲を数式で使用できます。たとえば、価格を合計します。

あなたの数式でこの名前付き範囲を使用する

名前付き定数

名前付き定数を作成するには、以下の手順を実行します。

1. [式]タブの[定義済みの名前]グループで、[名前の定義]をクリックします。

定義名をクリックします。

2.名前を入力し、値を入力して、「OK」をクリックします。

新しい名前付きonstant

3.今度は、この名前付き定数を数式で使用できます。

数式でこの名前付き定数を使用する

注:税率が変更された場合は、名前マネージャを使用して名前と Excel TaxRateを使用するすべての数式を自動的に更新します。

名前管理者

定義された名前を編集および削除するには、以下の手順を実行します。

1. [式]タブの[定義済みの名前]グループで、[次へ]をクリックします。 名前管理者.

名前マネージャーをクリックします

2.たとえば、TaxRateを選択し、「編集」をクリックします。

名前の編集

また読む: