/ / Excelでのスペルチェック

Excelでのスペルチェック

確認方法を学ぶ つづり のテキスト Excel。また、カスタム辞書またはオートコレクトリストに単語を追加することもできます。

1.スペルミスのあるワークシートを開きます。

スペルミス

2. [Review]タブの[Proofing]グループで、[Spelling]をクリックします。

スペルをクリック

3.セルA2のスペルミスを修正するには、提案を選択して[変更]をクリックします。

変化する

4. [すべてを変更]をクリックして、このスペルミス(セルA2およびセルA7)のすべてのインスタンスを修正します。

すべてを変更

5.セルA2のスペルミスを無視するには、Ignore Onceをクリックします。このミススペルのすべてのインスタンスを無視するには、[すべて無視]をクリックします。

6a。この単語をカスタム辞書に追加するには、[辞書に追加]をクリックします。

辞書に追加

6b。この一覧を編集するには、[オプション]をクリックします(または、この画面を開いていない場合は、[ファイル]、[オプション]、[校正]をクリックします)、カスタム辞書をクリックします。

カスタム辞書

7a。オートコレクトをクリックして、この単語をオートコレクトのリストに追加します(アンワーを入力するたびに、Excelはそれをアンサーと置き換えます)。

オートコレクト

7b。この一覧を編集するには、[オプション]をクリックします(または、この画面を開いていない場合は、[ファイル]、[オプション]、[校正]をクリックして、[自動修正オプション]をクリックします)。

オートコレクトのオプション

注:オートコレクトの一覧に略語を追加することもできます。たとえば、ee.comと入力すると、Excelはwww.excel-easy.comに置き換えることができます。

また読む: