/ / Excelの自動請求書

Excelでの自動請求書

この記事では、 自動化する 世代 請求書Excel。急いでいる場合は、単にExcelファイルをダウンロードしてください。

これがスプレッドシートの外観です。 セルE6のドロップダウンリストからClient nrを選択すると、Excelによって自動的にクライアント情報が入力されます。セルA13からA31のドロップダウンリストの1つからProduct nrを選択すると、Excelは自動的に製品情報を入力します。

Excelでの自動請求書

以下では、製品情報の入力を自動化する方法について説明します。クライアント情報にも同じトリックが使用されています。

1.製品シートに、製品情報を入力します。

製品情報

2.請求書シートで、セルA13からA31を選択します。

3. [データ]タブの[データツール]グループで、[データ検証]をクリックします。

データ検証をクリック

4. [許可]ボックスで、[一覧]をクリックします。

5. [ソース]ボックスをクリックし、[製品]シートでA2:A5の範囲を選択します。

6.手動で5〜1048576(または他の大きな番号)を変更して、より多くのセルを追加します。これで、必要な数の新製品を追加することができます。

検証基準

7. [OK]をクリックします。

8.セルB13を選択し、以下の式を入力します。

説明式

説明: セルA13が空の場合、数式は空の文字列を返します。そうでない場合、VLOOKUP関数は、Productsシートの$ A:$ C(列AからCまで)の範囲の一番左の列のProduct nr(1001)を検索し、2番目の列から同じ行の値を返しますcol_index_numは2に設定されます)。

9.セルC13を選択し、以下の式を入力します。

価格式

説明:この式は前の式とほぼ同じです。今回は、同じ行の値を3番目の列から返します(col_index_numは3に設定されています)。

10.セルE13を選択し、以下の式を入力します。

金額式

説明:セルA13が空の場合、数式は空の文字列を戻します。そうでない場合は、価格と数量の積を返します。

11.数式を他のセルにコピーするには、範囲B13:E13を選択して31行目にドラッグします。フォーマットペインタを使用して書式を復元します。

また読む: