/ / Excelでの重複したエントリの防止

Excelで重複するエントリを防止する

この例では、データ検証を使用して 防ぐ ユーザーが入ること 重複する値.

1.範囲A2:A20を選択します。

重複エントリの防止の例

2. [データ]タブの[データツール]グループで、[データの検証]をクリックします。

データ検証をクリック

3.許可リストで、カスタムをクリックします。

4. [数式]ボックスに、次の数式を入力して[OK]をクリックします。

データ検証式

説明: COUNTIF関数は2つの引数をとります。 = COUNTIF($ A $ 2:$ A $ 20、A2)は、セルA2の値と等しいA2:A20の範囲内の値の数を数えます。この値は、重複したエントリを必要としないので1回だけ発生する可能性があります(データの検証をクリックする前にA2:A20の範囲を選択したため、 Excel 自動的に数式を他のセルにコピーします。この参照を修正するための絶対参照($ A $ 2:$ A $ 20)の作成方法に注目してください。

5.これを確認するには、セルA3を選択し、データ検証をクリックします。

数式チェック

見て分かるように、この関数はセルA3の値と等しいA2:A20の範囲内の値の数を数えます。繰り返しますが、この値は、重複エントリが不要なので1回だけ発生します(= 1)。

6.重複した請求書番号を入力します。

結果。 Excelにエラーアラートが表示されます。その請求書番号を既に入力しています。

Excelで重複するエントリを防止する

注:入力メッセージとエラーアラートメッセージを入力するには、[入力メッセージとエラーアラート]タブに移動します。

また読む: