/ Excelの製品コード

Excelの製品コード

この例では、データ検証を使用して 防ぐ ユーザーが入ること 間違った商品コード.

1.範囲A2:A7を選択します。

Excelで範囲を選択

2. [データ]タブの[データツール]グループで、[データの検証]をクリックします。

データ検証をクリック

3.許可リストで、カスタムをクリックします。

4. [数式]ボックスに、次の数式を入力して[OK]をクリックします。

データ検証式

説明: このAND関数には3つの引数があります。 LEFT(A2)= "C"はユーザーに文字Cを開始させます.LEN(A2)= 4はユーザーに4文字の長さの文字列を入力させます。 ISNUMBER(VALUE(RIGHT(A2,3)))は、ユーザーに3つの数字で終わるように強制します。 RIGHT(A2,3)は、テキスト文字列から3右端の文字を抽出します。 VALUE関数は、このテキスト文字列を数値に変換します。 ISNUMBERは、この値が数値かどうかをチェックします。すべての条件が真であれば、AND関数はTRUEを返します。データ検証をクリックする前に範囲A2:A7を選択したため、 Excel 自動的に数式を他のセルにコピーします。

5.これを確認するには、セルA3を選択し、データ検証をクリックします。

数式チェック

ご覧のとおり、このセルには正しい数式も含まれています。

6.誤った製品コードを入力します。

結果。 Excelにエラーアラートが表示されます。

間違った商品コード

注:入力メッセージとエラーアラートメッセージを入力するには、[入力メッセージとエラーアラート]タブに移動します。

また読む: