/ / Excelでのデータの検証

Excelでのデータ検証

データ検証の例 | データ検証ルールの作成 | 入力メッセージ | エラーアラート | データ検証結果

つかいます データ検証 Excelで、ユーザーが特定の値をセルに入力することを確認します。

データ検証の例

この例では、0〜10の整数を入力するようにユーザーを制限しています。

Excelデータ検証の例

データ検証ルールの作成

作成するには データ検証ルール次の手順を実行します。

1.セルC2を選択します。

2. [データ]タブの[データツール]グループで、[データの検証]をクリックします。

データ検証をクリック

[設定]タブで次の操作を行います。

3. [許可]リストで[整数]をクリックします。

4.データリストで、をクリックします。

5.最小値と最大値を入力します。

検証基準

入力メッセージ

入力メッセージは、ユーザーがセルを選択して入力する内容をユーザーに伝えたときに表示されます。

[入力メッセージ]タブで次の操作を行います。

1.「セルが選択されたら入力メッセージを表示する」にチェックを入れます。

2.タイトルを入力します。

3.入力メッセージを入力します。

入力メッセージを入力

エラーアラート

ユーザーが入力メッセージを無視し、有効でない番号を入力すると、エラー警告が表示されます。

[エラーアラート]タブで次の操作を行います。

1.「無効なデータが入力された後にエラーアラートを表示する」をチェックします。

2.タイトルを入力します。

3.エラーメッセージを入力します。

エラーメッセージを入力

4. [OK]をクリックします。

データ検証結果

1.セルC2を選択します。

入力メッセージ

2. 10を超える数値を入力してください。

結果:

エラーアラート

注意: セルからデータ検証を削除するには、セルを選択し、[データ]タブの[データツール]グループで[データ検証]をクリックし、[すべてクリア]をクリックします。 ExcelのGo To Special機能を使用して、データ検証ですべてのセルを素早く選択することができます。

また読む: