/ / Excelのキーボードショートカット

Excelのキーボードショートカット

ベーシック | 動く | 選択 | 数式 | 書式設定

キーボードショートカット あなたのスピードを上げるためにマウスの代わりにキーボードを使って作業をすることができます。

ベーシック

セルB2を選択します。

基本的な例

1.範囲全体を選択するには、CTRL + aを押します(CTRL + aをもう一度押すと Excel シート全体を選択する)。

CTRL + a

2.範囲をコピーするには、CTRL + Cを押します(範囲をカットするには、CTRL + xを押します)。

3.セルA6を選択し、Ctrl + vキーを押してこの範囲を貼り付けます。

CTRL + V

4.この操作を取り消すには、CTRL + Zを押します

動く

セルB2を選択します。

移動例

1.範囲の一番下にすばやく移動するには、Ctrlキーを押しながら↓を押します

CTRL +下

2.範囲の右側にすばやく移動するには、CTRLを押しながら→を押します

CTRL +右

自分で試してみてください。 Ctrlキーを押しながら矢印キーを押して、エッジからエッジに移動します。

選択

セルA1を選択します。

例の選択

1.下に移動しながらセルを選択するには、SHIFTを押しながら↓を数回押します。

Shift +下

2.右に移動しながらセルを選択するには、SHIFTを押しながら→を数回押します。

Shift +右

数式

セルF2を選択します。

数式の例

1. SUM関数をすばやく挿入するには、ATL + =を押してEnterキーを押します。

Atl + =

2.セルF2を選択し、SHIFTを押しながら↓を2回押します。

Shift +下

3.数式を入力するには、Ctrl + d(下)を押します。

CTRL + D

注:同様の方法で、Ctrl + r(右)を押して式を入力することができます。

書式設定

B2:F4の範囲を選択します。

書式設定の例

1. [セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するには、Ctrl + 1キー

2. Tabキーを押し、↓キーを2回押して通貨形式を選択します。

3. TABを押し、↓を2回押して小数点以下の桁数を0に設定します。

セルの書式設定ダイアログボックス

4. Enterキーを押します。

結果:

CTRL + 1

5.範囲をすばやく太字にするには、範囲を選択してCTRL + bを押します

また読む: