/ / Excelでの参照/参照関数

Excelでの参照と参照関数

Vlookup | Hlookup | 一致 | インデックス | 選択する

すべてを学ぶ Excelの検索と参照機能 のような VLOOKUP、HLOOKUP、MATCH、INDEX、CHOOSEの各機能があります。

Vlookup

VLOOKUP(垂直ルックアップ)関数は、テーブルの一番左の列の値を検索し、指定した別の列から同じ行の値を返します。

1.以下に示すVLOOKUP機能を挿入します。

ExcelでのVlookup関数

説明: VLOOKUP関数は$ E $ 4:$ G $ 7の範囲の左端の列のID(104)を探し、3番目の列から同じ行の値を返します(3番目の引数は3に設定されます)。 4番目の引数は、完全一致を返す場合はFALSEに設定され、見つからない場合は#N / Aエラーに設定されます。

2.セルB2のVLOOKUP関数をセルB11にドラッグします。

コピーVlookup機能

注意: VLOOKUP関数をドラッグすると絶対参照($ E $ 4:$ G $ 7)は同じになり、相対参照(A2)はA3、A4、A5などに変わります。より多くの情報と多くの例。

Hlookup

同様に、HLOOKUP(水平ルックアップ)機能を使用することができます。

Hlookup関数

一致

MATCH関数は、指定された範囲内の値の位置を返します。

マッチ機能

説明: E4:E7の範囲の3位に黄色が見られる。 3番目の引数はオプションです。この引数を0に設定すると、lookup_value(A2)と正確に等しい値の位置を返します。見つからない場合は#N / Aエラーを返します。

インデックス

次のINDEX関数は、2次元の範囲内の特定の値を返します。

インデックス関数、2次元範囲

説明:行E4:F7の行3と列2の交差点に92が見つかりました。

以下のINDEX関数は、1次元の範囲内の特定の値を返します。

インデックス関数、1次元範囲

説明:E4:E7の範囲の位置3に97が見つかりました。

選択する

CHOOSE関数は、位置番号に基づいて値のリストから値を返します。

機能を選択

説明:位置3にボートが見つかりました。

また読む: