/ / Excelでの数式と関数

Excelでの数式と関数

数式を入力 | 数式を編集する | オペレータの優先順位 | 数式のコピー/貼り付け | 関数を挿入する

A は、セルの値を計算する式です。 関数 定義済みの数式であり、既に Excel.

たとえば、以下のセルA3には、セルA2の値をセルA1の値に加算する式が含まれています。

Excelでの数式

たとえば、以下のセルA3には、範囲A1:A2の合計を計算するSUM関数が含まれています。

Excelでの機能

数式を入力

数式を入力するには、次の手順を実行します。

1.セルを選択します。

2.数式を入力することをExcelに知らせるには、等号(=)を入力します。

3.たとえば、式A1 + A2を入力します。

数式を入力

ヒント:A1とA2を入力する代わりに、セルA1とセルA2を選択するだけです。

4.セルA1の値を3に変更します。

再計算

ExcelはセルA3の値を自動的に再計算します。これはExcelの最も強力な機能の1つです!

数式を編集する

セルを選択すると、Excelは数式バーにセルの値または数式を表示します。

数式バー

1.数式を編集するには、数式バーをクリックして数式を変更します。

Excelで数式を編集する

2. Enterキーを押します。

編集された数式

オペレータの優先順位

Excelは計算の既定の順序を使用します起こる。数式の一部がかっこ内にある場合、その部分が最初に計算されます。次に、乗算または除算の計算を実行します。これが完了すると、Excelは残りの数式を追加したり引いたりします。以下の例を参照してください。

オペレータの優先順位

まず、Excelは乗算(A1 * A2)を実行します。次に、ExcelはセルA3の値をこの結果に追加します。

もう一つの例、

括弧

まず、Excelはカッコ内の部分を計算します(A2 + A3)。次に、この結果にセルA1の値を乗算します。

数式のコピー/貼り付け

数式をコピーすると、数式がコピーされる新しいセルごとにセル参照が自動的に調整されます。これを理解するには、以下の手順を実行します。

1.以下の数式をセルA4に入力します。

数式の例をコピーする

2a。セルA4を選択し、右クリックし、[コピー]をクリックします(またはCtrl + cキーを押します)。

コピーをクリックします

...次に、セルB4を選択し、右クリックし、[貼り付けオプション]の下にある[貼り付け]をクリックします(またはCTRL + vを押します)。

貼り付けをクリック

2b。数式をセルB4にドラッグすることもできます。セルA4を選択し、セルA4の右下隅をクリックしてセルB4にドラッグします。これはずっと簡単で、まったく同じ結果が得られます!

Excel式をドラッグする

結果。セルB4の数式は、列Bの値を参照します。

数式結果をコピーする

関数を挿入する

すべての関数は同じ構造をしています。 たとえば、SUM(A1:A4)。この関数の名前はSUMです。角括弧(引数)の間の部分は、Excelに範囲A1:A4を入力することを意味します。この関数は、セルA1、A2、A3、およびA4に値を追加します。幸いなことに、Excelの関数の挿入機能はこれを手助けします。

関数を挿入するには、次の手順を実行します。

1.セルを選択します。

2.機能の挿入ボタンをクリックします。

関数を挿入する

[関数の挿入]ダイアログボックスが表示されます。

3.関数を検索するか、カテゴリから関数を選択します。たとえば、統計カテゴリからCOUNTIFを選択します。

関数の挿入ダイアログボックス

4. [OK]をクリックします。

[関数引数]ダイアログボックスが表示されます。

5.範囲ボックスをクリックし、範囲A1:C2を選択します。

6. [条件]ボックスをクリックし、> 5と入力します。

7. [OK]をクリックします。

関数の引数ダイアログボックス

結果。 COUNTIF関数は、5より大きいセルの数をカウントします。

COUNTIF結果

注:関数の挿入機能を使用する代わりに、単純に= COUNTIF(A1:C2、 "> 5")と入力します。到着時:= COUNTIF(A1:C2と入力するのではなく、単純にA1:C2の範囲を選択します。

また読む: