/ / Excelでマクロを作成する

Excelでマクロを作成する

開発者タブ | コマンドボタン | マクロを割り当てる | Visual Basic Editor

Excel VBA いわゆるマクロを書くことで、Excelでタスクを自動化することができます。この章では、単純な マクロ コマンドボタンをクリックした後に実行されます。まず、開発者タブをオンにします。

開発者タブ

[開発者]タブをオンにするには、次の手順を実行します。

1.リボンの任意の場所を右クリックし、[リボンのカスタマイズ]をクリックします。

Excelでリボンをカスタマイズする

2.ダイアログボックスの右側にあるリボンのカスタマイズで、必要に応じてメインタブを選択します。

3. [開発者]チェックボックスをオンにします。

開発者タブをオンにする

4. [OK]をクリックします。

5. [表示]タブの横にある[開発者]タブが表示されます。

開発者タブ

コマンドボタン

ワークシートにコマンドボタンを配置するには、次の手順を実行します。

1. 開発者タブInsertをクリックします。

2. ActiveXコントロールグループで、コマンドボタンをクリックします。

コマンドボタンコントロールを挿入する

3.ワークシートのコマンドボタンをドラッグします。

マクロを割り当てる

マクロ(1つ以上のコード行)をコマンドボタンに割り当てるには、次の手順を実行します。

1. CommandButton1を右クリックします(デザインモードが選択されていることを確認してください)。

2. [コードの表示]をクリックします。

コードを表示

Visual Basic Editorが表示されます。

3. Private Sub CommandButton1_Click()とEnd Subの間にカーソルを置きます。

4.以下に示すコード行を追加します。

Visual Basic Editor

注意: Sheet1、Sheet2、およびSheet3という名前の左側のウィンドウをプロジェクトエクスプローラと呼びます。プロジェクトエクスプローラが表示されていない場合は、[表示]、[プロジェクトエクスプローラ]をクリックします。最初のシートのコードウィンドウを追加するには、Sheet1(Sheet1)をクリックします。

5. Visual Basic Editorを閉じます。

6.シート上のコマンドボタンをクリックします(デザインモードが選択解除されていることを確認してください)。

結果:

Excelマクロ結果

おめでとう。 Excelでマクロを作成したばかりです。

Visual Basic Editor

Visual Basic Editorを開くには、 開発者タブVisual Basicをクリックします。

Visual Basic Editorを開く

Visual Basic Editorが表示されます。

Visual Basic Editor

また読む: