/ / Excelマクロエラー

Excelのマクロエラー

この章では、 マクロエラーExcel。まず、いくつかのエラーを作りましょう。

ワークシートにコマンドボタンを配置し、次のコード行を追加します。

x = 2
Range("A1").Valu = x

1.シート上のコマンドボタンをクリックします。

結果:

Excel VBAでコンパイルエラー

2. [OK]をクリックします。

変数xは定義されていません。 コードの最初にOption Explicitステートメントを使用しているので、すべての変数を宣言する必要があります。 Excel VBAはエラーを示すために青色のx色をしています。

3. Visual Basic Editorで、Resetをクリックしてデバッガを停止します。

リセットをクリックします

4.コードの先頭に次のコード行を追加して、エラーを修正します。

Dim x As Integer

以前はデバッグと呼ばれる手法について聞いたことがあるかもしれません。この手法では、コードをステップ実行することができます。

5. Visual Basic Editorで、カーソルをPrivateの前に置き、F8キーを押します。

最初の行は黄色に変わります。

最初の行が黄色に変わります

6. F8を3回以上押します。

F8を3回押してください

次のエラーが表示されます。

ランタイムエラー

RangeオブジェクトにはValueというプロパティがあります。 デバッグは、エラーを見つけるだけでなく、コードをよく理解するのにも最適な方法です。デバッグのサンプルプログラムでは、コードをステップ実行し、各コード行がワークシートに与える影響を確認する方法を示します。

また読む: