/ / Excel VBAの日付と時刻

Excel VBAの日付と時刻

年、月、日付の日 | DateAdd | 現在の日付と時刻 | 時、分、秒 | TimeValue

どのように作業するかを学ぶ 日時Excel VBA

ワークシートにコマンドボタンを配置し、下にコード行を追加します。コード行を実行するには、シートのコマンドボタンをクリックします。

年、月、日付の日

次のマクロは、日付の年を取得します。日付を宣言するには、Dimステートメントを使用します。日付を初期化するには、DateValue関数を使用します。

コード:

Dim exampleDate As Date

exampleDate = DateValue("Jun 19, 2010")

MsgBox Year(exampleDate)

結果:

Excel VBAでの日付の年

注:月と日を使用して日付の月と日を取得します。

DateAdd

日付に何日かを追加するには、DateAdd関数。 DateAdd関数には3つの引数があります。最初の引数に "d"を入力して日数を加算します。 3日を追加するには、2番目の引数に3を入力します。 3番目の引数は、日数が追加される日付を表します。

コード:

Dim firstDate As Date, secondDate As Date

firstDate = DateValue("Jun 19, 2010")
secondDate = DateAdd("d", 3, firstDate)

MsgBox secondDate

結果:

DateAdd

注意: "d"を "m"に変更して、日付に何ヶ月も追加します。 Visual Basic EditorのDateAddにカーソルを置き、F1キーを押して他の間隔指定子のヘルプを表示します。日付は米国のフォーマットです。最初の月、2番目の日。この形式の形式は、Windowsの地域設定によって異なります。

現在の日付と時刻

現在の日付と時刻を取得するには、Now関数を使用します。

コード:

MsgBox Now

結果:

現在の日付と時刻

時、分、秒

時間を取得するには、時間機能を使用します。

コード:

MsgBox Hour(Now)

結果:

現在の時間の時間

注:分と秒を取得するには分と秒を使用します。

TimeValue

TimeValue関数は、文字列を時刻のシリアル番号に変換します。時刻の通し番号は0と1の間の数字です。たとえば、正午(その日の途中)は0.5と表されます。

コード:

MsgBox TimeValue("9:20:01 am")

結果:

TimeValue

今、Excelが内部的に0と1の間の数値として時間を処理することを明確にするために、次のコード行を追加してください:

Dim y As Double
y = TimeValue("09:20:01")
MsgBox y

結果:

タイムシリアル番号

また読む: